読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なのは THE MOVIE 絶叫オフ@大阪

映画

正式名称「関西空戦魔道士戦技映像資料観賞会」に参加してきました。


今後、関東、東海でもやるようです。
参加したい人はそこに行くといいと思います。
詳しくは最後に。


※2010/03/09 追記
なお、今回は3/4(木)のレイトショーの回を貸しきって行いました。
大阪府の条例により、レイトショーには高校生以下の参加が出来ませんので、
主催様にて参加登録時にその旨を参加希望者全員へ注意し、受付で年齢確認をしました。


今後の開催もレイトショーが予想されます。
そのため、未成年の方は参加できない可能性があります。
よく確認してください。


○経緯
ねことうふさんが1年ぐらい前に「こんな劇場版なのはは嫌だ」というマンガを公開。
で、映画もそろそろいったん落ち着いたから、
そのマンガを実際にやってみたいね、となる。
有志が劇場と交渉して上映1回分を貸し切ることに成功。


そして今日にいたる・・・


○今回の趣旨
普通に映画みる時は静かに見てるけど、たまにはみんなで騒ぎながら見ようぜ!


1.叫ぶ&合唱
 「なのはー!」とか「フェイトー!」とか、「スターライトブレイカー!」とか。
 劇中で流れる3曲はもちろんみんなで合唱します。
2.サイリウム
 また、その歌に合わせて黄色(フェイト色)と青色(なのは色)のサイリウムをふる。


○感想とか
とても楽しかったですね。
こうやってわいわい騒ぎながら見るのもいいものでした。


しかも、今回は主催さんがかなり気合入ってて、
今回専用のしおりまで作っていただきました。


・しおり表紙
f:id:mackey13:20100305013740j:image


・しおり裏表紙
f:id:mackey13:20100305013754j:image


・しおりの最後には元ネタマンガ
f:id:mackey13:20100305013913j:image


・しおり、チラシなど
f:id:mackey13:20100306115701j:image


私は仕事の都合で開催直前の20時すぎに待合室になっていた
会議室に到着しました。
席決めや、抽選会なんかは既に終わっていましたが、
ここでしおり、立ち見席のチケット、黄色のサイリウムを2本もらって準備OKです。


20時半ごろに劇場前に移動して列形成。
まあこのあたりは訓練されたなのはヲタが多いので、
なにも問題がありません。


座席列毎に順番に会場入り。
立ち見は横か後ろかで別れることになりますが私は後ろにしました。


主催からの挨拶と始まる前に集合写真を撮って、いざ映画スタート。
この時に何名かが「今日はおもいっきり楽しむぞー!」と言ってくれたので、
あれで全員気持ちが切り替わったんじゃないかなと思います。
そうじゃなかったらもうちょっとスロースタートだったかもしれませんw


上映開始なんですが、まず驚いたのが宣伝がなくいきなり「No More 映画泥棒」だったこと。
そして本編開始。


絶叫って何するの?っていうのは基本的には元ネタマンガをイメージしてもらえばいいですね。
キャラが出てきたらそのキャラ名とか、「俺の嫁〜」とか。
以外にも大人気だったのが最初の敵、通称「ヴァーさん」と学校の先生。
ヴァーさんにいたっては「いいぞ、そのままやっちまえ」まで言われる始末。
淫獣カワイソス
あと釘宮キャラはやっぱりみんな「くぎゅうう」でした。


他のポイントでは、もちろん変身シーンや魔法シーンですね。
これはタイミングを取りやすいと思います。


次はネタというかツッコミというか。
言う人のセンスが問われるところですね。
誰か一人がぽろっと言って、みんながつられて笑ってました。
アースラで食事するシーンで、「椅子長くない?」とか。


そしてクライマックスシーンで流れる歌は、
全員でサイリウムを振りながら合唱です。
振りはライブみたいに激しいものではありませんでしたが、
後ろから見ているとすごくきれいでした。


当初、サイリウム、UOを全員でふったら、
明るくてスクリーンが見えないんじゃないかという危惧もされてましたが、
スクリーンを見るのには全く問題ありませんでした。


最後、上映終了後にも集合写真を撮ってオフ会終了。
既に23時を回っているため、帰宅者は即帰路へ。
2次会は近くのカラオケへ行ったみたいです。
そこも寝る部屋、なのは部屋、一般アニソン部屋などに別れており、
参加者がいろいろと回りながら楽しく朝まで過ごしたそうです。


○謝辞
会場との交渉でもなるべく参加者の希望がかなう形で交渉してもらいました。
おかげで大きな混乱もなく無事に開催できたんだと思います。


会場になったシネリーブル梅田も対応が素晴らしかったですね。
記念撮影をしたんですが、その時にでかいパネル(B0サイズかな)を貸してもらえたり、
荷物を置くための場所を作っていただいたりもしました。


みんなで楽しんだこのひと時は本当に楽しいものでした。
主催様、そしてシネリーブル梅田様ありがとうございました。
f:id:mackey13:20100306115730j:image



○関東の開催について
関東は池袋での開催が予定されています。
まだ準備中ですが、↓のURLで順次情報を上げていくそうです。


魔法少女リリカルなのは絶叫OFFin池袋ホームページ
http://lyricalnanohaoff.moepla.net/lyrical_nanoha_off_in_ikebukuro/


○東海の開催について
東海は長野県での開催が予定されています。
同じく準備中です。
公式ホームページは↓のURLです。


友達になりたいんだ…in東海
http://lyricalnanohaoff.iinaa.net/


なお、参加者の人数次第では、東京、大阪、名古屋の3か所から
貸切バスを出す予定になっているようです。
詳しくはホームページで確認してください。